ホーム > 腰痛治療のことなら

腰痛治療のことなら

top_bnr
巣鴨総合治療院・整骨院では腰痛治療を積極的に施術させていただいております。
何処に行っても治らなかったお悩み、一度当院にお任せください。
施術方法は手技、鍼灸治療にとどまらず「最新腰痛治療機プロテック3」や
予防の為のトレーニング・リハビリテーションなどでもご対応いたします。

top_bnr01

26_ページ_1のコピー   26_ページ_2

 

top_bnr02bn-01
prt_01

2012年9月16日 午後7時57分からTBS・MBS系で放送されたTV番組「アカルイ☆ミライ」で
腰痛治療器プロテックⅢに関して、福岡ソフトバンクホークス(当時)の小久保選手のイン
タビューが放映されました。小久保選手はこの腰痛治療器プロテックをご自宅に導入され、
椎間板ヘルニアの悪化から奇跡の復活を果たして2000本安打を達成されました。
また、実際にインタビューに登場して「痛みがまったくない状態」であることをコメントされています。
kokubokiji21

keiken

ぎっくり腰などのいわゆる急性腰痛になって病院に受診しても、多くの場合はレントゲン検査を行い、消炎鎮痛剤が処方され、安静にしているようにと指導される程度で、積極的な治療が行われることはありませんでした。
結果的に何日間も激しい腰痛に苦しみ、仕事や日常生活がままならないといった経験のある方は少なくないと思います。

それに対してプロテックは、急性の腰痛に対して薬も注射も使用せずに数分で緩和させることができ、体に対して優しく、きわめて安全な治療法です。
また、急性症状だけでなく、様々なタイプの腰痛にも効果的です

pro_02
FMTとは下半身を宙に浮かして(Floating)腰部に負担をかけている上半身の重みを取り除き、痛みを緩和しながら運動療法(Manipulative Therapy)を行う新しい治療法です。
腰痛治療器プロテックⅢは、乗るだけで腰部に掛かる上半身の重みが除去されて腰痛が消失してしまうことがあります。

しかし、この状態はまだ完全に治療が行われたという訳ではありません。プロテックⅢの最大の特徴は、痛みがない状態にして腰痛治療に高い効果が期待できる運動療法を実施できるという点にあります。
photo2

※この『浮腰式腰痛治療法』は、旧労働省産業医学総合研究所で職業腰痛を研究していた医学博士の城内博氏により開発され、米国特許庁に治療法特許として認められています。

現在、日本はもちろん米国、欧州を中心として世界各国で実施されています。

 

top_05

ぎっくり腰の患者さんが来院される時には、誰かに小腋を抱えてもらっています。また松葉杖があれば自力で歩行することができます。つまり上半身の重さを何かで支えてあげれば腰痛は緩和させることができるのです。

FMT腰痛治療法の治療の基本は、腰痛患者に大きな負担を与え続けている上半身の重さを取り除くため、上半身を抱え、腰を浮かせることにより、椎間板に掛かる負担を取り除き、痛みを緩和させることにあります。FMTのFはFloating(浮かばせる)の「F」です。

photo4

Floatingはプロテックという専用の装置を用いて行います。この装置に座り上半身を抱えたのと同じ状態にして、椅子を下降させ腰を浮かせることで、急性腰痛の場合でも驚くほど痛みが緩和されます。個人差はありますが痛みは10分の1になったり、場合によっては消失してしまいます。

しかし、それではいつまでもこの装置に乗り続けていなくていけません。 ではどうするのでしょうか?
つまりFMTとは下半身を宙に浮かし(Floating)腰部に負担をかけている上半身の重みを取り除き痛みを緩和しながら、運動療法(Manipulative Therapy)を行うまったく新しい治療法です。

photo5

top_06

適用範囲が広く急性腰痛の患者さんにも治療が可能です。
適応となる疾病は「急性/慢性腰痛症」・「変形性腰椎症」・「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」・「腰椎変形性すべり症」・「腰椎分離症」「腰椎分離すべり症」・「坐骨神経痛」・「膝関節炎」・「頚椎の牽引」等です。これまで治療が困難だった急性腰痛も吊り下げることで痛みを取り除くことができます。また、左右の脚の高さを変える、脚の開き具合を変えるなど症状によって最適な治療を行うことが可能です。

photo6