本日29度??これからは夏に強い体になろう

 

 

広島 厳島神社より!!うちの患者さんより

皆さんごきげんようです!!

暑くなりましたねー。大変ですが、頑張っていきましょう☆

さてさてタイトルにある『夏に強い体』とは一体何なのか??

おもむろなんですが、それは

①熱生産を一定にする(体を冷やさない)

②冷房から身を護る

③朝日を浴びよう

以上の3つでしゅ。

 

①熱生産を一定に ~ 気温の上昇により身体はほてり、不感蒸発といい勝手に水分が出ていきますが、皆さん大好きなキンキンに冷えたビールなんか体に注ぎますと、内臓が疲れて夏バテの原因に、、、、( ゚Д゚)なので、なるべく常温を!!!!(とはいっても、筆者もビール大好き)朝のお味噌汁は必須。

②冷房から身を護る

これが一番心臓に来るといっても過言ではない。。

だって、営業の皆さんは分かると思いますが

外気との差でかなりの身体にダメージありますよね。

身体全体の体温調節機能もマヒするし、寝不足不眠に繋がりかねない。

出来れば、長そで(着てるだけでヒヤヒヤするやつとか)腹巻はおススメ。

汗疹が出る方は、ぬるま湯の湯舟に30分入ったり炭水化物を多く取ってみるといいかも

 

うますぎる名店(墨田区十間橋 ながしま

)

③朝日を浴びよう

よく、寝苦しくて、、、。とかありますが

あれは、朝日を浴びてないかららしいです。

朝日と共に家事はすましましょ!(^^)!

そうすることで、体内リズムは整えられて

自律神経が調節されます。

夜10時に寝て朝4時に起きるのは、マジでおススメ!(^^)!

 

さてさて、少しでも参考になればと思います。

篠田先生、お元気ですか??

コメントを残す