肘痛 テニス肘 内・外側上顆炎

本日は肘の痛みについて書かせていただきます。
肘の疾患としては「テニス肘」が一番有名で、
来院される患者様でもお悩みを抱える方が多く感じます。

「テニス」と付くからにはテニスをやっている人がなるものだとお考えになられる方も
多いかと思います。

しかし実際にはテニスをやっていない人でもなってしまうのです。

この「テニス肘」、本当の名前としては「内側上顆炎・外側上顆炎」と言います。
テニスをやっている方が罹患する割合が多い為に、
「テニス肘」と呼ばれることが多いのです。
(前回の五十肩と同じように愛称だと思ってもらってかまわないと思います)

痛みが出る場所としては、
手のひらを上に向けた状態で肘を伸ばし、
肘の外側が「外側上顆炎」、内側が痛む人は「内側上顆炎」となります。

原因としましては、
「外側上顆炎」では、前腕の伸筋群(指や手首を反らせる筋肉の集まり)を繰り返し酷使することで
なりやすいです。
テニスでいえばバックハンドショット(多いのが初心者でフォームが安定しない方)、日常の生活でいえば雑巾しぼりやパソコンのマウスのクリック動作でも現れる様です。

「内側上顆炎」では、前腕の屈筋群(指や手首を曲げる筋肉の集まり)の酷使でなります。
テニスではフォアハンド(力強いショットを多用する方)、日常の生活でいえば重たい荷物を抱えるような動作が多い方がなりやすいです。

痛みを改善させるには、原因を取り除く必要があるので、
テニスでいえばフォーム修正やガットの固さを変えたほうが良いですし
日常生活では原因となる動きを避けることで痛みは治まってくるでしょう。

しかし長期間痛みを我慢してしまった方や、どうしても仕事の都合で原因の動作を避けられない、スポーツを続けながら治したい!という方もいらっしゃると思います。

そんな時は巣鴨総合治療院・整骨院六浦院に相談しにきてください。

六浦院では同じように肘の痛みを抱えた患者様が数多くいらっしゃいます。
その症例経験を生かし、テーピングや再発を防ぐ為のトレーニングまでキッチリ指導し、皆様の快適な生活を支えられればと思います。

巣鴨総合治療院・整骨院 六浦院 院長 猪


コメントを残す