坐骨神経痛 足 腰 シビレ 痛み

今日のテーマは「坐骨神経痛」です。

最近はテレビで健康番組が増えてきているので、
皆さんもどこかで耳にしたことがあると思います。

原因としましては、
「腰椎椎間板ヘルニア」・「変形性脊椎症」・「腰部脊柱管狭窄症」・「梨状筋症候群」
などがあげられます。

「腰椎椎間板ヘルニア」は広く一般的に聞かれるヘルニアの代表例の一つで、
椎間板と呼ばれる腰の骨ひとつひとつの間にあるクッションが強い刺激を受け、
一部が飛び出してしまい、それが神経に触れて症状を引き起こします。

「変形性脊椎症」「腰部脊柱管狭窄症」は腰の骨自体が老化現象などにより、
変性・変形を引き起こし、神経に障害を与えます。

「梨状筋症候群」は腰の間から出てきた神経が足に行くまでの途中、
お尻にある梨状筋という筋肉の下を通る際に、
筋肉の緊張や外傷によって神経を圧迫し障害を引き起こします。

症状としては、
神経の走行に沿った痛みやシビレ感がでます。

また「腰部脊柱管狭窄症」では少し歩くと足が上手く出なくて歩けなくなってしまい、
少し休むとまた歩けるようになるという現象
(間欠性跛行)を伴うこともあります。

障害された神経根を的確に治療しなければ症状を改善させることが難しいので、
まずはどこが原因か知る必要があります。

腰痛持ちの方やデスクワーク、車の運転などで長時間座っていなければならない方は、
「坐骨神経痛」になりやすいので特に注意が必要です。

神経の経路(腰~お尻~太もも~ふくらはぎ~足)にストレスを与えすぎると、
神経付近で炎症を引き起こし、神経痛に繋がりやすいので、
出来るだけストレッチやマッサージなどでリラックスした状態を維持していきましょう!

巣鴨総合医療院・整骨院 六浦院 院長 猪


コメントを残す