巣鴨総合治療院・整骨院亀有院

巣鴨総合治療院・整骨院 亀有院 院長の石原麻衣(いしはらまい)です。
出身は長野県千曲市というとても千曲川がきれいな田舎で育ちました。
中学校から専門学校在学中バスケを約9年間やっており、14歳の時右膝前十字靭帯を断裂し再建手術とリハビリを経験し医療現場を身近に触れたことがきっかけで柔道整復師を目指すことを決意し、国家資格を取得後、臨床現場でより専門の医療知識や治療技術が必要と感じ巣鴨総合治療院・整骨院本院に勤務し、経験とノウハウを受け継ぎました。

柔道整復師の仕事は整復・固定など行い、人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる 治療を患者様に提供する、いわば痛みをなくす為のお手伝いをすることです。 私自身、ケガを体験して特に学生時代は悔しい想いを何度もしました。 あの青春真っただ中の学生時代もっと体のことの知識があればバスケで力を発揮できたのではないかと思います。あの時の自分のように困ってる方々の役に立ちたいとおもっております。

また私は女性柔道整復師です。今現在の日本柔道整復師として登録されている柔整の男女 比は男性7割女性3割とされており女性の柔道整復師の割合はやはり男性より女性のほうが少なく貴重とされています。 女性柔道整復師だからこそできるケア・治療があります。女性の患者様ならではのお悩み・症状など女性同士だから話せることも多々あると思います。そういう症状のお話しに実は治療にとても大切なヒントが隠されていたりします。患者様一人ひとりの治療計画を立てていくにあたり、患者様のお身体についてよく把握し一緒に治していくことが大切です。
患者様の痛みが消え、体が楽になった等そういう場面を共に共有しあい喜びを感じたいと私はおもっております。女性は日々のコンディショニングが大切です。女性向けの小顔矯正・オイルマッサージなど美容柔整の面で体の内側から見ていくことで女性らしさや若々しさを保つ事ができます。人は体に不調があると暗く重い気持ちになりがちです。痛みがなくなったときこそ、その悩みが消え日々の人生に充実感が生まれると私は思います。

痛み一つで人生が変わると大きな発言に聞こえて来るかも知れませんが私は患者様が痛みや悩みに解放され人生を明るく楽しく生活していただきたいとそのような瞬間、きっかけをお作りする治療家でありたいと思っております。どんな痛みやお悩みも是非とも亀有院にお任せください。